未経験でも活躍できる!文系出身者におすすめなインフラエンジニアとは?

仕事

IT業界でエンジニアとして働くことを考えた際、未経験でも業務についていけるのか、きちんと技術を身に着けられるかなど不安が大きいと思います。
エンジニアというとプログラム言語を覚えて黙々とパソコンに向かっているイメージがあり、未経験だと敷居が高く感じるかもしれません。
しかし、エンジニアには様々な種類があり、IT未経験の文系出身者でも活躍できるものがあります。
今回は文系出身者におすすめのインフラエンジニアについて紹介します。
インフラエンジニアの仕事内容や種類、身に着けておくと有利なスキルなどを文系出身でインフラエンジニアになった筆者が解説します。

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは、ITインフラを構築するエンジニアです。
ネットワークやサーバの提案、設計、構築、運用を担当します。
通信インフラ業界や情報処理サービス業界(SIer)に多い職種で、技術で企業のITを支える仕事です。

通信インフラ業界では自社設備の整備や拡張のためにインフラエンジニアが業務を行います。
複数の利用者が安全に早くインターネットに接続できるよう、ネットワークの拡張や増強を行います。
一方、SIerは企業内部での通信や業務システムなど、インターネットの公開しないネットワークの構築を行います。
そのため、企業にむけて効率的なネットワークや新しい仕組みの提案活動を行い、導入して運用するところまで一貫して対応を行います。

通信業界とSIerで作業対象や対応内容は異なりますが、職種としては同じです。
ここからは各職種について説明していきます。

IT業界全体の職業概要については以下の記事をご確認ください。
誰でもわかるIT業界の職業紹介-Web業界・メーカ編-
誰でもわかるIT業界の職業紹介-通信インフラ・SIer編-

セールスエンジニア

顧客と対峙して提案活動や要件定義を行うエンジニアです。
要件にあった製品やサービスを選定し、顧客に対して提案活動を行います。
顧客へのアプローチや要件をもとに基本設計を作成するのがメインの仕事となります。
ただし、小規模案件においては提案から設計、構築まで行うことも珍しくありません。

セールスエンジニアは「技術を知っている営業」です。
顧客の要件を汲み取り、様々な製品やサービスを組み合わせて顧客環境に最適な提案を行います。
そのため、日々製品知識や技術知識を身に着け、メーカと協力しながら業務を行います。

セールスエンジニアは広く知識を必要とします。
日々新しい技術を学習するだけでなく、機器やサービスの製品ラインナップを理解しなければなりません。
また、技術や製品を組み合わせて仕組みを構築するため、柔軟な発想を必要とします。

ネットワークエンジニア

顧客の要件を元にネットワークの設計や構築を行うエンジニアです。
基本設計を元に、データ通信の流れを設計したり、想定した通信を行うために機器の設定を行います。
詳細な設計やネットワーク機器の設定がメインの仕事となります。

ネットワークエンジニアはネットワーク機器を扱う業務が多くの割合を占めています。
様々なネットワーク機器の操作方法を習得し、機器の動作を理解しなければなりません。
そのため、様々な製品の操作方法や詳細な技術知識を学習しながら業務を行います。

ネットワークエンジニアは深いネットワークの知識が必要です。
同じ技術でも製品ごとに設定方法が異なるため、技術の仕組みや製品の動作を理解しなければなりません。
そのため、企業ごとによく使う製品の知識を中心に深く学習する必要があります。

サーバエンジニア

顧客の要件を元にサーバの設計や構築を行うエンジニアです。
基本設計を元に、OSや上に乗るソフトウェアの設計、構築を行います。
物理サーバや仮想ソフトウェア、システム用ソフトウェアの設定がメインの仕事となります。

サーバの設定は物理サーバの設定とOSの設定の二段階を行います。
OSの設定だけでなく、物理サーバのネットワーク設定も行う必要があります。
そのため、OSの知識や最低限のネットワーク知識を学習しながら業務を行います。

サーバエンジニアはOSやソフトウェアの知識が必要です。
最近ではサーバの仮想化が普及しており、仮想化の知識が求められることも少なくありません。
また、OSの中でもLinuxを触る機会が比較的多いので、コマンドライン操作に慣れておく必要があります。
仮想化技術やLinuxについては別の記事で詳細説明いたします。

セキュリティエンジニア

ネットワークのセキュリティ状況を監視・改善するエンジニアです。
ネットワーク機器の設定や、ソフトウェアを利用してセキュリティを強化します。
構築されたセキュリティ状態を確認するのが主な業務で、セキュリティの状況によっては対応策を検討、実行します。

セキュリティの確認方法は様々ですが、「正常性確認」「強度確認」に分けることができます。
正常性確認では、通信の送信元や送信先、データの中身から不正な通信がないことを確認します。
強度確認では、どの程度のセキュリティが保たれているかを確認するために様々な攻撃を試して脆弱性(セキュリティに問題がある箇所)を確認します。

セキュリティエンジニアはセキュリティ知識だけでなくデータ通信の詳細な知識が必要です。
また、マルウェアなどの悪意のある技術は日々進化を続けています。
そのため、常にあたらしいセキュリティ知識を学習し続ける必要があります。
セキュリティを脅かす要因については別の記事で説明いたします。

インフラエンジニアの業務内容

インフラエンジニアの業務内容はフェーズごとに分かれて循環しています。
各フェーズのエンジニアが業務を行い連携することで、よりよりネットワーク環境が構築されていきます。

各フェーズの具体的な業務内容について紹介します。

提案フェーズ

顧客の要件を明確にして、実現可能な形にするフェーズです。
セールスエンジニアがメインで業務を行います。

ヒアリング

顧客と対峙し、新しい仕組みの必要性や今ある仕組みの運用で困っていることを聞き出します。
営業が「課題があること」を見つけてから顧客先に行くことが多く、具体的にどんな技術面の課題なのかを聞き出します。

選定

顧客の課題がわかったところで、解決することができる製品やサービスを選定します。
現在の利用状況に影響せず課題を解決することが必要になるため、ヒアリングの段階でより多くの詳細な情報を入手する必要があります。

提案

選定した製品やサービスを顧客に紹介し、導入することで得られるメリットを説明します。
適切な製品を選定してもうまく訴求ができなければ採用されないため、メリットや根拠を資料にして説明します。

基本設計

製品を導入するにあたっての、基本的な方針や要件を定義します。
仕組みの全体像やどのような技術を利用するのかを策定するため、広い技術知識や選定した製品で実現可能かを把握する必要があります。

構築フェーズ

基本設計を元に実際に仕組みを構築するフェーズです。
ネットワークエンジニアやサーバエンジニアがメインで業務を行います。

詳細設計

基本設計を元に、全体の構成を図に起こしたり、製品に実際に設定する値を設計します。
製品ごとに、どのような設定を行えば想定した技術が動作するのかを理解しておく必要があります。

事前設定(キッティング)

詳細設計を元に、実際に導入する機器やサービスの設定を行います。
機器の場合、設定を行うだけではなく製品に不具合がないかの確認も行います。

検証

設定した機器を組み合わせて疑似的に本番環境をつくり、想定した動作が行えるか、顧客要件を満たしているかを確認します。
事前に抜け漏れがない試験の項目表を作成し、試験結果をまとめて提出します。

導入

設定が終わった機器やサービスを顧客環境に導入します。
内容によっては顧客通信が途切れてしまうため、事前に作業手順を作成して顧客と認識合わせを行います。

運用フェーズ

導入された仕組みを管理し、メンテナンスを行うフェーズです。
セキュリティエンジニアがメインで業務を行い、機器の設定変更が必要な際はネットワークエンジニアやサーバエンジニアと連携して業務を行います。

監視

導入された機器に問題がないか、不正な利用がないかを確認します。
また、今の環境でスムーズにシステムが利用できているかを確認し、必要に応じて修正箇所を洗い出します。

メンテナンス

利用者の増減や通信方向の変更など、利用条件の変更に合わせて機器の設定変更を行います。
設定で対処できるものや機器を交換しないといけなものがあり、緊急性や採算性を加味して対応の判断を行います。

障害対応

機器の故障やサービスの停止など、緊急事態の復旧を行います。
機器の設定変更や交換を行った後、原因を特定して再発しないためのシステム作りを行います。

インフラエンジニアのおすすめポイント

文系出身者など、未経験からIT業界へ入る際はインフラエンジニアがおすすめです。
将来的に他のIT業界に移動する際にも、インフラエンジニアの経験は大きな武器になります。
以下でインフラエンジニアのおすすめポイントを紹介します。

ITの土台であるネットワーク技術が身につく

すべてのITはネットワークの上で動作します。
どんなに小規模でも機器同士のデータ通信はネットワークを経由しますし、アプリケーションなどのプログラムもサーバ上で動作します。
そのため、ネットワークを知らずにシステムを作り上げることはできず、どの業界にいてもネットワークの知識が必要とされます。

もちろん他の業界ではネットワーク知識を熟知しておく必要はなく、IPアドレスなどの最低限通信を行うための要件さえ知っておけば普段の業務には困りません。
しかし、ネットワーク知識を知っていることで、問題を未然に防ぐことや、問題が起きた後の復旧を格段に早く行うことができます。

例えば、プログラマーが作成したアプリケーションが想定した動きをしなかったとします。
最低限のネットワーク知識しかない場合は、「プログラムの問題」しか選択肢がありません。
しかし、ネットワーク知識を持っている場合は、「プログラムの問題」「サーバの問題」「ネットワークの問題」を疑うことができます。

IT業界では想定外のトラブルが発生することは日常茶飯事であり、トラブル解決能力に長けている人は重宝されます。
土台であるネットワーク知識を業務の中で身に着けることができる点がおすすめポイントです。

現地での動作を学べる

ネットワークについて学ぼうと思っても、専門書を読むだけではイメージをしにくいです。
技術の理論的な仕組みを理解できても、実際にどんな環境でどんな技術と組み合わせて利用するのかを学ぶことは難しいです。

インフラエンジニアはネットワークの動きを実際の環境の中で学びます。
技術的な関連だけではなく、顧客にとってのメリットやデメリットを知ることができるため、専門書では知りえない情報を知ることができます。

また、百聞は一見に如かずと言うように、機器の設定や動作は実際に手を動かさないと身につきません。
サーバやネットワーク機器は非常に高価であり、個人で勉強のために一式揃えるには敷居が高いです。
高価な実機を業務の中で触って学べる点で、インフラエンジニアはおすすめです。

参考までに、世界でシェア率の高いCisco社のネットワーク機器の価格です。
高性能スイッチですが、1台で約500万円ほどします。
実際は割引等でもう少し安くなりますが、それでも個人での購入は厳しいです。

セキュリティ知識が身につく

IT業界では情報技術を悪用した犯罪が絶えません。
機密情報の不正な盗難や、悪意のある利用者による攻撃でシステムが破壊されるなど、セキュリティを強化しないとまともに業務を行うことができません。

インフラエンジニアはソフトウェアによるセキュリティだけでなく、ネットワークレベルのセキュリティを業務で扱います。
セキュリティ事故が起きた際には原因を特定し、原因解決の手法をネットワークの設計やセキュリティ製品の導入により検討します。
インフラエンジニアにとってセキュリティ知識は特別なものではなく、普段の業務で知っておくべき当然の知識です。
そのため、インフラエンジニアを経験することで自然とセキュリティ知識が身につきます。

また、インフラエンジニアはセキュリティの動作を実際の環境で見ることができます。
どんな仕組みで不正な通信を検知するのか、遮断するのか、悪意のある攻撃に対する対策を実際に見て学べる点でインフラエンジニアはおすすめです。

活躍するための準備

インフラエンジニアは未経験でIT業界に参入する人におすすめですが、全く準備せず入って活躍できるほど甘くはありません。
業務の中で学ぶことが圧倒的に多いので膨大な時間をかける必要はありませんが、最低限の知識や能力の習得(触れておくだけでもOK)をしておくことで習熟スピードが速くなります。
インフラエンジニアを目指すにあたり、最低限以下の準備をしておきましょう。

ネットワーク知識

インフラエンジニアを目指すにあたり、最低限のネットワーク知識が必要です。
とはいえっても、最初から完璧である必要はなく「最低限」で問題ありません。
最初は「OSI参照モデル」「VLAN」「ルーティング」さえ理解すれば大丈夫です。
その他の知識は業務を行う中で習得することができます。

論理的な仕組みまで理解するのであれば、ネットワークエンジニアのバイブルマスタリングTCP/IPを読みましょう。
エンジニアとして活動するなら必読のバイブルですが、内容は少し難しいです。

そのため、もう少し優しい入門書でも問題ありません。
ネットワークエンジニア向けの入門書は多数あるのでどれを読んでも問題ありません。
目次を見て項目が読みやすそうなものを選ぶことをお勧めします。


論理的思考力

IT技術者には論理的思考力が必須です。
様々な要因を組み立て結論を導き出す必要があります。
そのため、論理的思考力を鍛えておくことで、スムーズに仕事に取り掛かることができます。

近年様々な企業で論理的思考力を重視しており、新人研修や中途採用研修で実施する会社も多いです。
しかし、研修で概要を学ぶことはできても、実戦練習する時間は設けられていません。
考え方を学んだところで、使えなければ意味がありません。

簡単な鍛え方として、普段から「5W1H」と「目的と手段」を意識する方法があります。
詳細は別の記事で説明いたします。

トレンド技術の把握

IT業界では日々新しい技術が生まれています。
昨日まで使っていた技術が翌日には古い技術になっていることも珍しくありません。
そのため、エンジニアは常に新しい技術の情報を収集しないといけません。

また、技術トレンドを追うことで注目されている技術の推移がわかります。
情報収集には以下のサイトがおすすめです。
ITメディア
Qiita

この記事を執筆している時点でのトレンドは、「ゼロトラスト」「SASE」「DX」「AI」です。
皆さんが読んでいる時点ではどのような技術が注目されているでしょうか。

まとめ

上記で説明した通り、文系出身者や未経験者でもIT業界で活躍することはできます。
将来的にどの業界を目指すにしても、インフラの技術は必ずやくに立ちます。
就職や転職でIT業界を目指す場合はインフラエンジニアをぜひ候補に入れてみてください。

インフラ以外のIT業界に興味がある人は以下の記事をご参照ください。