誰でもわかるIT業界の職業紹介-Web業界・メーカ編-

仕事

様々な就職先がある中で、IT業界に就職してみたいと思う人は少なくないと思います。
世界中いつでもどこでも繋がれるのが当たり前の世の中で、インターネットの仕組みを支えたり、世界中の人が利用するソフトウェアを開発したり、ITの世界は魅力がたくさんあります。

しかし、未経験からIT業界に準備なしで飛び込むのは危険です。
働き方や必要とされる知識など、業界内でも職種によってさまざまなであるため、自分が理想とする職種を見つけておかないとギャップで苦しむからです。

そこで、本記事ではIT業界の職種について説明します。
自分の将来をイメージするきっかけの一つになれば幸いです。

IT業界とは

ITとは、「Information Technology:情報技術」の略称で、情報を扱うための技術の総称です。
離れた拠点間でデータのやり取りをするための技術や、メールなどのデータを通信できる形に加工する技術など、様々な技術があります。

近年はICT「Information and Communication Technology:情報伝達技術」と呼ぶことが増えてきており、情報を伝達しあうことの重要性が増しています。

このように、様々な情報技術を扱う業界がIT業界です。
IT業界の詳細については以下の記事を参照ください。
誰でもわかるIT業界の分類図

IT業界は大きく5つの分類に分けることができ、それぞれで求められる技術や働き方が異なります。
そこで、各業界にどんな職種があってどんな働き方をしているのか見ていきましょう。
本記事では「インターネット・Web業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」について説明します。
「通信インフラ」「SIer」については以下の記事をご覧ください。
誰でもわかるIT業界の職業紹介-通信インフラ・SIer編-

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、インターネット上でサービスを提供する業界です。
広告掲載やコンテンツのレンタル・販売で収益を得ています。
自分たちで広告掲載の「場所」を作ったり、配信するコンテンツの作成や、コンテンツの収集を行います。

職種としては、「サービスを作る仕事」「サービスに集客する仕事」「取引先を見つける仕事」に大きく分けることができます。

それぞれの仕事について、詳しく見ていきましょう。

技術職:サービスを作る仕事

技術職の多くはエンジニアが該当します。
エンジニアとは専門的な技術を持った人材のことです。
インターネット・Web業界では主に「Chrom」や「Edge」などのブラウザで動作するサービスを作ります。
そのためには、ブラウザの知識やブラウザ上で動作するプログラムの知識が必要になります。

Webエンジニア

広告を掲載するためのWebサイトの設計・構築や、配信するコンテンツの作成を行います。
Webサイトのデザインや動作をつくるための「HTML」「CSS」「Javascript」や、サービスの実行に必要な処理を作るための「PHP」「Java」「Ruby」といったプログラミング言語を利用します。
場合によっては、コンテンツそのものを作成するために特殊な言語を扱うこともあります。
利用するプログラム言語はシステムや顧客によって異なりますが、Webサイトのデザインに関する技術とWebサイトを構築するサーバに関する技術の習得が必須となります。

Webエンジニアはプログラミングの設計・作成がメイン業務となります。
パソコンがあればプログラミングの設計・作成は可能であるため、勤務場所に制限のないテレワークを導入している企業が多いです。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均25時間程度です。
ただし、繁忙期やプログラム作成の進捗が遅いときは土日の勤務や過剰残業が発生することも珍しくないです。
年収の平均は420万円程度で、扱える言語の数や種類によっては給与が増加します。

比較的ハードな職種ですが、自身の作ったサイトが一般公開されていたり、世の中への影響を実感しやすくやりがいがある仕事です。
また、後述するSEOの知識を学ぶことで、フリーランスとして独立することが可能です。
業界で経験を積んで、独立して年収2千万円ほど稼ぐWebエンジニアも少なくありません。

SEOエンジニア

Webサイトへのアクセス数を増やすために、検索エンジンの最適化を行います。
SEOとはSearch Engine Optimizationの略称です。
Googleでは検索されたキーワードに対し、Googleが評価したWebサイトを候補として表示します。
SEOエンジニアはGoogleが評価を下すアルゴリズム(ルール)を研究し、より評価されるためのWebサイト設計や、Webページの作成を行います。
Webサイトを設計するためのデザインの知識や、掲載するWebページ作成のライティング技術、Webサイトをメンテナンスするための「HTML」「CSS」「Javascript」といったプログラミング言語の習得が必要になります。

SEOエンジニアはWebサイトを検索結果の上位に乗せることでアクセス数を増加させます。
アルゴリズムの研究や、Webサイトの修正、Webページの作成をメイン業務とします。
こちらもパソコンがあれば作業可能であるため、勤務場所に制限のないテレワークを導入している企業が多いです。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均20時間程度です。
検索の最適化のための分析が主な業務であり、日々Webサイトの改善を行います。
トラブル対応が少ないので残業時間は比較的落ち着いています。
年収の平均は350万円程度で、IT業界内では高いほうではありません。

Webエンジニアと異なり、分析や修正といった作業が多くなります。
そのため、自分が手を加えたことによる改善の過程を見ることができます。
また、SEOの技術を身に着けることで、独立して検索上位に表示させるWebサイトを構築することが可能となります。
独立してWebサイトを構築し、広告収入を得たり、フリーランスエンジニアとして高給で企業案件に参加して稼ぐことが可能です。

マーケティング職:サービスに集客する仕事

マーケティングとは「価値あるものを提供するための活動・仕組み」全般を指す概念で、一般的には「商品やサービスが売れる仕組みを作ること」と言われます。
インターネット・Web業界では需要がある「キーワード」選定能力が求められます。

Webマーケター

Web上でどのようなサービスや情報が求められているかを分析し、需要のあるコンテンツの調査を行います。
どのような商品が求められているのか、競合企業はいるのか、どのような形で提供すれば利益を生み出せるのかを、データを用いて調査します。
特にWeb業界では、どんなキーワードが検索されてどんな商品が購入されているのかを分析し、「検索は多いが競合が少ない」領域を探し出す必要があります。
一般的なマーケティング知識はもちろん、データ分析の知識やSEOの知識、キーワード選定のセンスが求められます。
また、広告効果を視覚的に説明できるよう資料作成の技術が必要です。

WebマーケターはWebサイトの方針を決める重要な仕事です。
選定次第では大きな利益を得たり、ほとんど利益を得られなかったりします。
また、複数の調査結果から一つの結論を導き出すため、出社して勤務することが多いです。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均20時間程度です。
成果品を作り出す仕事ではないので残業時間はあまり多くはないですが、選定キーワード次第ではデータ分析に時間がかかることがあります。
年収の平均は450万円程度です。
マーケター人材は重要かつ人手が足りないので、転職の際には経験に応じて高い給与の提示をされることがあります。

Webマーケターは分析結果をもとにWebサイトの方針を決める仕事です。
自身の選択によっては会社に大きな利益をもたらすことができるためやりがいがあります。
また、マーケティング手法を確立させれば業界関係なく通用するため、将来的に他業界でも仕事がしやすいです。

営業職:仕事を作る仕事

営業活動とは企業が売り上げを作るために行う一連の活動であり、「自社製品やサービスを企業に売り込む活動」です。
企業に対して製品を買うことで得られるメリットを説明し、購入につなげる必要があります。
そのため、コミュニケーション能力や説明力以外にも、製品知識や顧客の抱える問題を要約する能力が求められます。

営業

Web業界の営業は主に企業相手に交渉活動を行います。
新商品の宣伝に困っている会社に対して広告掲載を提案し、どのくらいの価格で掲載するのか見積もりを作成します。
価格交渉が終わればエンジニアとWebサイトへの反映や納期の交渉をし、顧客に納品します。
売り込みをするためには最低限の技術知識と自社Webサイトのアピールポイントの把握、うまく伝えるために資料への落とし込みが必要です。
このように、誰かと会話して仕事をコントロールするコミュニケーション能力や、空いている時間に見積もりや説明資料を作る効率の良さが求められます。

営業は顧客の話を聞いたり、自社サービスの提案をメインで行います。
仕事のほとんどは顧客先へ外出しており、空き時間も資料作成のために会社にいることが多いです。
最近では顧客がテレワークを実施していることも多くなり、Web会議を利用してテレワークで営業活動をしている企業も増えていますが、テレワークの普及率は低いです。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均30時間程度です。
仕事量は自身で調整可能ですが、売り上げ目標などの明確な目標値(自身の能力より高い)が設定されるため、残業が多くなりがちです。

年収の平均は500万円程度ですが、基本給以外の配分が多いです。
営業はインセンティブと呼ばれる追加成果報酬があり、たくさん仕事を作る営業ほど収入が増えます。
そのため、基本給と残業代以外にも加算があり、エンジニア職より高額になります。

営業職はすべての企業に必要な職種で、企業の売り上げの中心になります。
どれだけ人が集まるWebサイトを作ろうと、広告を掲載できなければ収益は発生しません。
まさに、営業は「仕事を作る仕事」として非常にやりがいがあります。
また、様々な企業と関わることが多く、長く働けば働くほどコネを作りやすいです。
そのため、提案活動や転職活動で有利に動くことができます。

メーカ

ソフトウェア業界やハードウェア業界のように、製品を開発して利用者に提供することで利益を生み出す企業を「メーカ」と呼びます。
メーカはそれぞれ専攻分野を持っており、ターゲットに特化した製品の開発を行っています。
なお、「メーカ」や「メーカー」など呼ばれますが、本サイトでは「メーカ」で統一します。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は、土台の上で動くプログラムを提供する業界です。
様々なソフトウェアを開発し、販売することで収益を得ています。
自社で独自開発して広く売り出すものもあれば、依頼をもらって特定顧客向けに開発するソフトウェアもあります。

そのため、「ソフトウェアを作る仕事」「ソフトウェアを立案する仕事」「取引先を見つける仕事」に大きく分けることができます。

それぞれの仕事について、詳しく見ていきましょう。

エンジニア職:ソフトウェアを作る仕事

ソフトウェアエンジニアの仕事は、「プログラムの設計」と「プログラムの作成」に分けることができます。
それぞれ求められるスキルが異なるため、自身が目指す形がどちらなのかを見極める必要があります。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアはソフトウェアの仕組みそのものを作るエンジニアで、主にプログラムの設計を行います。
曖昧な顧客要望を実現可能な形に落とし込むために、「要件を整理する力」「要件から技術を推測する力」「技術を組み合わせて全体を想定する力」が求められます。
また、誰が見ても要件がわかるように、設計の指針をまとめた「基本設計書」の作成を担います。
要件から完成形のイメージを推測することが求められるため、プログラミング知識はもちろん、プログラムが動く全体の仕組みを理解しておく必要があります。

SEは案件全体の進捗を管理したり、顧客要望を基本設計書に落とし込んだりします。
基本的にはテレワークで業務を行い、プログラマや顧客とWeb会議で連携を取ります。
また、営業の要請に応じて顧客先に同行し、顧客要望を聞いたりプログラムの説明を行います。
そのため、案件の始動が被った時にはテレワークよりも客先訪問が多くなります。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均35時間程度です。
複数案件を抱えることが多く業務量は多くなりがちですが、タスク管理がうまい人は残業時間を抑えることができます。
年収の平均は500万円程度と高額ですが、残業代が含まれています。
案件が多忙で残業が多くなると給与は上がりますが、企業によってはみなし残業もあり注意が必要です。

SEは実際にプログラムを作るのではなく、プログラムの土台を作る仕事です。
技術知識だけでなく、顧客調整能力や要件定義の力が求められます。
慣れないうちはタスク管理や技術知識の不足で苦労しますが、経験を積めば業務量の調整をしながら高度な経験ができるようになり、成長を期待できます。

プログラマー

システムエンジニアが作った基本設計書をもとに、実際のプログラムを作成します。
また、どのような言語で、どのような目的のプログラムを作ったのかを、実際の値を記入して「詳細設計書」の作成を担います。
プログラマのメインの仕事はプログラムの作成です。
設計を元にプログラムを作成し、問題なく動作することの確認を行います。
また、納品したプログラムに問題がある場合にはプログラムの修正を行います。

プログラマーは設計書を元に実際にプログラムの作成を行います。
設計の確認からプログラムの作成・修正まで基本的にはテレワークで行います。
ただし、経験が浅い場合は出社して先輩に確認してもらいながら作成することもあります。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均30時間程度です。
ただし、作成するプログラムの規模や基本設計書の作りこみによって労働時間は左右されます。
進捗の遅れや基本設計書の読み違えなどによっては徹夜や土日の作業もあり得ます。
年収の平均は400万円程度で、残業量の割には給与はあまり高くありません。
ただし、フリーランスとして案件単位で活動する場合はより高額な給与を提示されます。

プログラマーは実際に動くプログラムを作成するため、自分の成果が目に見える点でやりがいがあります。
未経験からもプログラミング技術を学べば参入しやすく、近年人気が高まっています。
一方、確実に成果品を求められるため激務になりがちです。
また、企業に勤めて働くよりもフリーランスとして案件単位で参加したほうが給与は高くなります。
そのため、企業でプログラミングの案件経験を積んだ後に独立する人が多くいます。

マーケティング職:ソフトウェアを立案する仕事

ソフトウェア業界の中でも自社でソフトウェア開発・販売を行う企業で必要となる職種です。
どのようなソフトウェアの需要があるのか、どのような問題をターゲットして解決させるのかを検討します。
また、ソフトウェアの開発は半年から数年かかることもあるので、数年後も需要があるのかなど将来を見通した推測能力が求められます。

マーケター

ソフトウェアの力でどのような問題を解決するのか、どの程度の需要があるのかを調査・分析する仕事です。
市場の需要を調査し、必要とされる数量や期間から利益を計算します。
また、どのようなソフトウェアを作るかだけでなく、どのように売るかの戦略を作成します。

マーケターは仕事の大半を情報の取り扱いに使います。
データの収集から分析、検証まで幅広い業務を行い、そのほとんどはパソコンで行います。
しかし、複数人で検討を重ねながら一つの方針を決めるため、テレワークよりも出社勤務のほうが多いです。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均20時間程度です。
年収の平均は480万円程度で、残業量に対して給与は多いほうです。
ただし、マーケティング知識以外にも求められる知識が多く、新卒ではなく中途採用での人材確保が多くなっています。

ソフトウェア業界のマーケターは情報収集能力や分析能力、さらには先を見通す推測力が必要です。
求められるスキルは非常に高く、経験も必要です。
そのため、マーケティングができる人材はどの業界でも不足しており、自身の市場価値を高めることができます。

営業職:仕事を作る仕事

ソフトウェア業界の営業も、企業に対して製品のメリットを説明して、提案活動を行います。
提案能力やソフトウェアの基礎知識、行動力が求められます。

営業

企業に対して自社製品の売り込みを行います。
既存の顧客に対して聞き込みと提案を行うだけでなく、取引経験のない企業に対して飛び込み営業も行う必要があります。
事前に何で困っているかを確認することが難しいため、門前払いや契約を結べないことのほうが多いです。
そのため、提案能力やコミュニケーション能力だけでなく、飛び込み営業を行う度胸や強いメンタルが必要になります。

営業は顧客の話を聞いたり、自社サービスの提案をメインで行います。
仕事のほとんどは顧客先へ外出しており、空き時間も資料作成のために会社にいることが多いです。
最近では顧客がテレワークを実施していることも多くなり、Web会議を利用してテレワークで営業活動をしている企業も増えていますが、テレワークの普及率は低いです。

平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均30時間程度です。
既存顧客への目標以外にも、飛び込み営業を見越した目標設定をされるため、売り上げ目標に対する活動がハードになります。

年収の平均は500万円程度ですが、基本給以外の配分が多いです。
営業はインセンティブと呼ばれる追加成果報酬があり、たくさん仕事を作る営業ほど収入が増えます。
そのため、基本給と残業代以外にも加算があり、エンジニア職より高額になります。

ソフトウェア業界の営業も企業の中核となる仕事です。
自身で仕事をつくるという信念をもち、あきらめない気持ちで仕事に取り組む必要があります。
体力的にも精神的にもきつい仕事ですが、やりがいもあり給与も高いです。

ハードウェア業界

ハードウェア業界は、ソフトウェアが動くための土台を提供する業界です。
機器本体およびファームウェアを開発し、販売することで収益を得ています。
パソコンのようなソフトウェアを組み合わせる前提の機器や、家電のような単体で動かす機器など様々な種類があります。

職種としては、「機器を作る仕事」「機器を立案する仕事」「取引先を見つける仕事」に大きく分けることができます。

それぞれの仕事について、詳しく見ていきましょう。

エンジニア職:機器を作る仕事

ハードウェア業界のエンジニアは「本体」「プログラム」の作成を行います。
両者を組み合わせて一つの製品を作るため、企業内での連携が重要となります。

プログラマー

ハードウェア業界のプログラマーは主に「ファームウェア」を開発します。
ファームウェアは一度作れば基本的には修正を行わず、機器本体に組み込まれます。
利用する言語は「C言語」「Java」が多いです。
また、家電やネットワーク機器を動かすためのソフトウェアであるため、機器を動かすための決まった動作を作成します。

ハードウェア業界のプログラマーは、機器を動かすためのファームウェア開発を行います。
そのため、作ったプログラムが想定通りに機器を動かせるかの確認が必要で、出社してプログラムの作成や検証を行うことが多いです。
また、ソフトウェア単体で売るのではなく、機器とセットで販売します。
そのため、プログラムの作成に追われることは少なく、残業時間は20時間未満と比較的少なめです。

年収の平均は500万円程度です。
ハードウェアメーカの給与は他と比べて高額な傾向にあります。

ハードウェア業界のプログラマーは、安定した給与で残業時間も少なめです。
その分、プログラム技術が自社製品に偏っているため、転職がしにくくなります。

製造担当

製品本体の製造を担当します。
工場のラインを管理することもあれば、どのくらいの数を工場で製造するかの計画を立案します。
基本的には工場に携わる仕事となります。

ここでは詳細は割愛します。

マーケティング職:機器を立案する仕事

企業向け製品だけでなく、一般家庭向けの製品の立案も行います。
そのため、他業界よりもマーケティングの幅が広く、分析能力が求められます。

マーケター

市場の需要を調査し、必要とされる数量や期間から利益を分析します。
どんな製品を求められているのかを調査しますが、一般家庭向けの製品はアンケート等でデータ収集を行うこともあります。

他と同様、仕事の大半を情報の取り扱いに使います。
データの収集から分析まで、パソコンを使って行いますが、情報収集の手段が幅広いです。
また、工場の製造ラインで作成可能かどうかの検討も必要になるため、出社での勤務が多くなります。
残業時間は20時間未満と少なめです。

年収の平均は480万円程度です。
ハードウェアメーカは機器1つに対しての売り上げが高いため、全体的な売り上げも高くなる傾向があります。
そのため、大量の製品を作らなくてもある程度の売り上げをあげることができ、社員への還元が多くなる傾向にあります。

自分が情報を分析して企画した製品が店頭に並んだりするのを見れるなど、やりがいがあります。
ただし、他のマーケターと同様に経験やスキルが求められます。

営業職:仕事を作る仕事

ハードウェア業界の営業も、企業や卸売り業者に対して製品のメリットを説明して、提案活動を行います。
提案能力や交渉能力が求められます。

営業

企業だけでなく家電量販店等の卸売り業者に対して営業活動を行います。
飛び込み営業よりも既存顧客や卸売業者に対しての活動が多いです。
そのため、問題解決のための提案や、自社製品を的確に説明する能力が求められます。

営業は顧客の話を聞いたり、自製品の提案をメインで行います。
仕事のほとんどは顧客先へ外出しており、空き時間も資料作成のために会社にいることが多いです。
最近では顧客がテレワークを実施していることも多くなり、Web会議を利用してテレワークで営業活動をしている企業も増えていますが、テレワークの普及率は低いです。
平日勤務で土日休みの職場が多く、残業は平均40時間程度です。
特に、企業向け製品の営業は担当顧客を大量に抱えることもあり、タスクや進捗の管理が大変になります。

年収の平均は500万円程度ですが、人によってばらつきがあります。
営業はインセンティブと呼ばれる追加成果報酬があり、たくさん仕事を作る営業ほど収入が増えます。
そのため、基本給と残業代以外にも加算があり、エンジニア職より高額になります。

ハードウェア業界の営業も企業の中核となる仕事です。
自社製品が他社製品と比べてどの点で強みを持っているのか説明できるかで成果が異なります。
管理能力や提案能力が求められますが、自分たちで仕事を作る実感を得られる仕事です。

まとめ

IT業界には様々な職種があり、それぞれで求められるスキルや勤務環境は異なります。
自分がどんなことに興味を持っているかを把握し、適切な職業に向けて準備してください。
「通信インフラ」「SIer」については以下の記事をご覧ください。
誰でもわかるIT業界の職業紹介-通信インフラ・SIer編-

文系出身者がIT業界で直面する壁や、IT業界で活躍する方法については以下の記事をご覧ください。