文系がIT業界で就職するのはきつい?実際の苦労と乗り越え方

就職

自分の進路について考える際、誰しも一度はIT業界への就職を考えるのではないでしょうか。
プログラマーやITエンジニアという肩書はかっこよく見えますし、社会に必要不可欠なITにかかわる仕事をするということは、社会貢献の実感を得やすいです。
近年はエンジニアブームもあり、未経験からのエンジニアの募集も少なくありません。

しかし、いざIT業界へ就職しようと考えた際、文系出身でも問題ないか不安を感じると思います。
IT知識は全くないけど大丈夫か、本当に未経験でもやっていけるのか、どれだけの人が文系からIT業界へ入ることができるのか、疑問がたくさんあることでしょう。

そこで、本記事では文系からIT業界へ入った際にぶつかる壁について説明します。
文系からIT業界へ入った筆者の体験談をもとに、どんなことで苦労をするか、どんな準備をしておけば乗り越えられるかをお伝えします。

人生において社会人生活は大きな割合を占めていますので、自分の興味を生かしつつも、よりよい就職の選択ができる手助けになれば幸いです。

就職活動開始から就職するまでの苦労

IT業界に入ることを決めてまず最初に行うのは就職活動です。
就職活動を通して理想の就職先を見つけ、内定後に就職することになります。
この期間でどのような苦労があるのか紹介します。

業界の情報を調べてもいまいちわからない

IT業界の知識にあまり接点がない文系の場合、まずは情報収集で苦労します。
一口にIT業界と言っても幅広く、自身がどの分野に向いているか判断しにくいからです。
まずは、自分がどんなことをやりたいのか、どの業界なら実現できるのかを調べましょう。
自分がやりたい内容とかけ離れた情報を入手しても、就職活動に生かすのは難しいです。

例えば、プログラミングで新しいものを開発したい場合、
・ソフトウェア業界
・ハードウェア業界
・インターネット・Web業界
が候補に挙がります。

まずはIT業界にはどんな分類があるか把握することから始めましょう。
IT業界の分類については以下の記事をご参照ください。
誰でもわかるIT業界の分類図

業務内容のイメージができない

業界の全体像を把握できていたとしても、具体的な仕事内容がイメージしづらいです。
例えば、インフラを支えることに興味がありネットワークの分野に進むことを決意したとします。
ネットワークの役割を理解し、業務内容がデータ通信を支えることをだと理解しても、具体的な仕事内容が想像できません。
「ネットワーク機器を設定して、通信を確立させる」
やるべきことはふんわりと分かりますが、設定?通信の確立?のように不明確な理解になります。

これが情報系の学生の場合、実際にネットワークを設定する授業があるのでイメージが容易です。
経験の差から業務内容がイメージしづらいことが苦労ポイントになります。

何を学習すればいいかわからない

仕事内容をなんとなく理解できたとしても、今度はできるようになるための学習方法で苦労します。
学校の勉強と異なり自己学習の方法をなかなか学ぶことができず、できる人との差が開きやすくなってしまいます。
こちらについては仕事が始まれば嫌でも覚えるので問題ありませんが、
知ってるのと知らないのでは、仕事の吸収率や周りとの差に悩むストレスが段違いです。

また、闇雲に学習して実際の仕事で役に立たないとなると、モチベーションが低下します。
仕事に直接的に役立ちそうな勉強法を見つける点で、最初のうちは苦労します。

志望動機の作りこみが大変

文系からIT業界を目指す場合、面接で必ずなぜIT業界か聞かれます。
明確にやりたいことがあるならともかく、憧れや興味を言葉で具体化するのは難しいです。

募集要項に未経験歓迎と書いてある企業も増えてきましたが、
「未経験(でも努力して実力を身に着けるなら)歓迎」が正確な募集要項です。
生半可な憧れや興味ではスタートラインに立つこともできません。

ちなみに、私は当時インフラエンジニアの志望動機として、
「インフラに興味があった。水道や電気を支えているのもITであり、
インフラのインフラともいえるITに携わることで社会貢献したいと思った」
このような考えを伝えることで複数社から評価いただけました。
本音はもちろんITの将来性や、手に職つけておけば食っていけるだろうと思ったからです。

自分の中のIT業界で働きたいイメージを具現化し、適切に企業に伝える点で苦労します。

内定後も資格取得が必要なことがある

頑張って情報収集して就活を乗り越えたしても、企業によっては就職までに資格取得が必要になります。
簡単なものならまだしも、技術知識を習得しないといけないような難易度の資格もあり大変です。
会社によっては入社前と入社後研修期間の両方で資格を取得させることもあります。

企業が従業員に資格を取得させるのには理由があります。
それは、メーカ資格には取得することでより優位に取引できるランク制度が存在するからです。
例えばソフトウェアメーカAは独自資格の仕組みを作っていたとします。
SIerの資格取得者数によって、「ゴールドパートナー」「シルバーパートナー」「パートナー」、
のようにランクがつけられます。
ランクによって、製品の値引き率が変わるので、会社の収益や価格勝負で優位に立てます。

企業としては資格保有者の数をふやすことにより、他社より優位な立場を得ようとします。
また、資格保有者を増やすことで技術の専門性をアピールすることができるため、
会社にとって資格保有者を増やすことは重要な意味をもちます。
とはいえ、知識がないまま資格取得を目指すことになるため、業界知識と並行してメーカの製品知識を学習するなど、資格取得の学習面で苦労します。

このように、文系からIT業界に入るには就職活動の段階で多くの苦労をします。
また、せっかく内定をもらっても油断していると就職してからも苦労することになります。
周りと比べて知識面でどうしても不利になるため、慣れないうちはなかなかハードになります。
次からは就職後の苦労について紹介します。

研修から一人で業務を任されるまでの苦労

4月に入社式を迎え、2カ月程度の研修期間の後に職場に配属されました。
トップを目指して意気込む人や、まずは職場になれることに専念する人など、様々だと思います。
どちらにせよ、できる限りの努力をして精一杯働くとは思いますが、ここでも文系エンジニアは苦労することになります。

知識と業務がひもづかない

研修や自己学習で業界知識や技術知識を学んではいるものの、実際の業務でどう使うかがイメージできません。
技術が現場で使われるイメージは、一度実際の動きを見ないとわからないからです。

例えば、ネットワークの基本知識として「VLAN」というものがあります。
「VLANとはネットワークを論理的に分割する技術」、ここまでの知識を持っていたとしても、いざVLANを動かすための設計や設定はできません。
「どういう目的で」「どういう方法で」学んだ技術が仕事に生きているのかが、実際に経験したことないとイメージできず理解するまでに時間がかかってしまいます。

タイピング能力がない

IT業界に入るとほかの業界に比べて文字を打つ機会がふえます。
メール等の一般業務だけでなく、プログラムの作成や機器の設定作業で文字を打つからです。
大学の論文やレポート作成でパソコン入力に慣れているつもりでも、いざ業務が始まると先輩たちのタイピングの速さに驚きます。
特に、エンジニアは英語のタイピングが多くなるので、英語のブラインドタッチを習得しているかどうかで業務スピードに大きな差が付きます。

例えば、上記のコードをキーボードを見ずにどのくらいの速さで入力できるでしょうか。
おそらくほとんどの人がキーボードを見ないと間違えずに打つことはできず、数分の時間がかかってしまうと思います。
このくらいの量だと、エンジニアの先輩方は早い人だと数秒、一般的な人でも数十秒で入力が終わります。
そして、タイピングはできて当然の前提で仕事を依頼されるため、期待された速度で成果を上げられず苦労をしてしまいます。

情報収集能力が必要

業務に取り組むにあたり、わからないことがたくさん出てきます。
これは文系だからとか新人だからではなく、移り変わりの激しいIT業界では当然のことです。
ITの世界では、昨日まで当然のように使っていた技術が翌日には時代遅れの技術になる、そんなことが当たり前のように起こります。
そんな中必要になる能力は間違いなく情報収集能力であり、いかに正しい情報を素早く見つけられるかで仕事の質スピードに影響がでてきます。

ここで文系から業界に入ってきてぶつかる壁は、情報収集の難しさです。
情報収集の多くはインターネット検索になりますが、どういうキーワードで検索すればより質の高い情報を素早く入手できるかがわかりません。
ほしい情報との関連キーワードがわからないため、情報にたどり着くまでに遠回りをしてしますからです。

例えば、社内の通信環境をまとめるために、データ通信用のケーブルについて調べるよう言われたとします。
「社内の通信用 = ネットワークの話」ということが分かれば、ジャンルを絞ったうえで検索ができます。
そして、LANケーブル(RJ45)の存在を知り、そこから各規格についてまとめることができます。

一方、ネットワークについて全く知らなかった場合、「データ通信用のケーブル」で調べることになります。
ジャンルが特定できないため、様々なジャンルのデータ通信のケーブルが表示されてしまい、目的の情報にたどりつくまでに時間がかかってしまいます。

このように、いかに効率よく情報を集めるかは技術にかかわらず知識の関連性を理解することが重要であり、それを理解するには経験値が必要になります。
そのため、IT知識の少ない文系の学生は情報収集の段階で苦労するのです。

英語をめちゃくちゃ使う

こちらについては英語学科などの学生であれば文系出身であることが有利に働きます。
なので、英語を学習していない文系の苦労になります。

IT業界で取り扱う製品は海外製品が多くの割合を占めています。
そのため、メーカとのメールが英語であることや、マニュアルが英語で書かれていることも少なくありません。
日本製の製品においても、機器の設定やプログラムの作成は英語であることがほとんどです。

エンジニアが設定作業やプログラムの作成を行う場合、コマンドプロンプトと呼ばれる画面で操作を実施します。
プロンプトとはプログラムを指示する入力画面のことです。
プログラマであれば事前に作ったプログラムをプロンプトで実行しますし、インフラエンジニアであれば直接プロンプトで操作したりします。
そして、プロンプトを操作するための言語は英語です。

実際に、プロンプトの画面をみてみましょう。
一般的なPCであればプロンプトは標準で利用可能です。
ここでは詳細は説明せず、windows画面でどのように見えるかを紹介します。
※別記事で詳しく説明します


windowsの場合、入力は英語で固定されていますが、出力は別言語に変えることも可能です。

設定情報を確認したり、メーカーとやり取りをしたり、IT業界は英語に触れる機会が非常に多いです。
英語をマスターする必要はありませんが、苦手意識をなくす程度には英語に触れておく必要があります。

入社してからも様々な苦労を経験し、そのたびに自分の能力に低さに傷つきます。
周りの同期が当たり前にできていることができないことに落ち込んでしまうことが多いです。
実際は経験がないだけで慣れれば当たり前にできるようになりますが、そのことに気がつくまでにはそこそこ時間がかかります。

実際に筆者が経験した挫折

私も文系出身であり、ITのことを全く知らずにこの業界に飛び込みました。
配属部署の同期で文系は私だけで、あとは理系で情報学科卒業でした。
今では当たり前のように仕事をこなしていますが、入社当初はたくさん苦労しました。
自分はIT業界に向いていないからやめようと悩んだことも数え切れません。
そんな私が実際に味わった挫折を紹介します。

挫折1.機器の設定ができない

私が最初に任された仕事はネットワーク機器の設定でした。
お客様先に導入されている機器が古くなったので交換するというもので、設定はそのまま機器を交換するだけの簡単な仕事でした。
すでに導入されている機器の設定を確認し、新しい機器に同じ設定を入れるだけなのですが、メーカが異なるため設定の作り方や設定方法が全く分からず想定の3倍の時間がかかりました。

しかも、何とか設定を終えてお客様先に持って行っても設定に間違いがあり、やり直すことになりました。
結果、お客様の予定より大幅に遅れを出して成果品を納品することになり、お客様からも先輩からも怒られました。

わからない段階で先輩に助けを求めればよかったものを、当時の私は任された仕事だから1人でやり切ろうとギリギリまで誰にも相談することなく四苦八苦していました。
自分ができないことを隠した結果、お客様にも先輩にも迷惑をかけたのです。
その時先輩に言われた言葉は今でもわすれません。

「”経験がないから仕事ができない”は言い訳にならない。わからないことを聞く経験もなかったのか?会社はお前の勉強の場じゃない、価値を提供する過程で勝手に学べ」

知識を学んでいたつもりなのに全くできなかったこと、それによっていろんな人に迷惑をかけたこと、この出来事で私はIT業界にいていいのかと落ち込んでしまいました。

挫折2.周りとの差が顕著に表れる

配属されてから少し時間がたち、ある程度のことができる実感を覚え始めた頃です。
簡単な設定作業や先輩の手伝いができるようになり多少自信を持ち始めていました。
そんな中、同期と集まり仕事の話をしたときに、周りとの差を感じました。

自分は基本的な作業をできるようになり自信を持っていましたが、情報系出身の同期からしたらできることは前提の内容です。
周りの同期は新しい製品を勉強してお客様に提案をしたり、手伝いではなく小規模の仕事を自分一人で回していました。


仕事のできる人のところに仕事は集まっていきますので、経験値を積み、より仕事ができるようになります。
できることが増えて喜んでいる私など置いて、同期はどんどん経験を積んでいたのです。

成長していく同期を横目に見ながら、与えられた仕事の質や量で自身の周りからの評価を感じ、文系でIT業界に入ったことは間違っていたのではないかと葛藤していました。

こんなやり方で挫折を乗り越えた!

上記で紹介した以外にも、たくさんの挫折を経験してきています。
それでも、今もIT業界に残りたくさんの仕事を回しています。
現在では同期から助けを求められたり、新人教育も担当しています。
当時では考えられませんが、努力を重ねて堅実に仕事に取り組むことで成長できました。
新人時代の差なんて、今にして思えば小さなものだったのでしょう。

つらかった当時、小さな努力を重ねることで周囲と同じ土俵に立とうとしていました。
当時の私が挫折を乗り越えるために行った努力を紹介します。

毎日タイピングの練習をする

先輩や同期と比べると圧倒的に知識が足りないので、調べる時間分他の人より仕事に時間がかかると考えていました。
そこで、調べた後に少しでも早く行動できるようタイピングの練習をしました。

もちろんタイピングができるから仕事ができるようになるわけではありませんが、
個人的にはタイピングの効果は絶大でした。
なぜなら、自分の考えを文章に落とし込む作業にストレスを感じないからです。

今までだと文章を書く際はタイピングに集中していたため、考えることとタイピングは別作業になっていました。
また、集中していてもタイピングミスが発生して修正する作業が必要でした。

これが息をするようにタイピングができるようになったことで、考える作業と文章を書くことを同時にできるようになり、大幅な時間短縮ができるようになりました。
また、正確なタイピングができるようになったことで誤字が減り、誤字脱字の修正に時間をかける必要がなくなりました。

タイピング能力向上で知識が増えるわけではありませんが、仕事にかける時間を増やすことができ、結果として仕事の質を上げることができました。

業界のバイブルを1冊ちゃんと読む

IT業界のどの分野であろうと、必ずバイブルと呼ばれる技術書が存在します。
黎明期の本である場合や最新の本である場合など様々ですが、共通して技術の根本知識と歴史的背景が説明されています。

代表的なものでいうと、ネットワークが業界の「マスタリングTCP/IP」と、


ソフトウェア業界、特にプログラミングの「オライリージャパンシリーズ」があります。

内容はとても難しいので完璧に理解することはできませんが、曖昧な知識の補完と歴史的背景を理解するようにしました。

私の場合はネットワークの担当だったので、上記のマスタリングTCP/IPを入念に読み込みました。
まずは1周流し読みをし、2週目で曖昧な技術部分を時間をかけて読みました。
最初の頃はノートにまとめていましたが、時間がかかりすぎるので、テキストにメモを書き込むのと分かりにくい部分だけを自分で絵にかいて学習する方法に変えました。


その結果、関連性のある技術知識がわかるようになり、わからない知識を検索する効率が目に見えて向上しました。
また、歴史的背景を理解することで、新しい技術が生まれた背景がなんとなくわかり、根底にある技術を推測できるようになりました。
つまり、新しい技術においても自分が知っている知識を応用できる箇所に気が付き、「まったくわからない」から「わからないところが多い」で始めることができるようになったのです。

頼れる人を作る

どれだけ勉強しようと、わからないことを自分だけで理解するのは厳しいです。
自分だけで頑張るのではなく、わかっている人に教えてもらったほうが早いです。
そのためには教えてくれる人を見つける必要があり、教えてもらえる関係性を作る必要があります。

私の場合は、仕事ができることで有名な5つ歳上の先輩に頼れる関係をつくりました。
新人だからと言って「くれくれ」では誰も力になってくれません。
そこで、私は積極的な挨拶と雑用の手伝いから始めました。
書類を届けるだけの簡単なお使いから、資料作成、最終的には案件の一部を請け負っていました。
自分のやる気を示すことと、少しでも力になろうと誠意を見せ続けることによって、次第に心を開いて面倒をみてもらえるようになりました。

今では担当している技術範囲が若干異なっているため、お互い時自分が担当している技術を教えあえる関係を築いています。
何かをしてもらうためには、自分から価値を提供することが大切です。

業界へ入ることを決めたら準備をしておこう

ここまで説明してきたように、文系からIT業界に入ることでたくさんの苦労をします。
挫折を味わいながら乗り越えるのも大切ですが、事前に準備をすることで少しでも苦労をへらすことができます。
お金をかけず簡単にできるものばかりなので、IT業界に興味がある人はぜひ実践してみてください。

タイピング

仕事を行うにあたり、キーボードタイピングは必須のスキルです。
エンジニアにならなかったとしても、メールを書いたり、提案書の文章を書いたりと必ず文字を打つ機会が訪れます。
そのため、タイピングのレベルを上げておくことをお勧めします。

以下のサイトは会員登録も不要で無料で利用可能です。

寿司打(https://sushida.net)

e-typing(https://www.e-typing.ne.jp)


タイピングサイトとしては寿司打を勧められることが多いですが、個人的にはe-typingがおすすめです。
その理由は明白で、e-typingは英語のタイピング練習もでき、かつ正しい配置をマスターするための練習ができるからです。

無料でローマ字と英語の両方を練習することができます。
また、以下のように文字ごとの練習や指ごとの練習もできます。

正しい指使いができるようになったら、腕試しチェックで文章の練習をしましょう。
ちなみに、会員登録は不要ですが、会員登録すると練習の成果を記録することができます。

タイピングを行うにあたって自分流の打ち方が身についている人もいるかと思いますが、やはり正しい指でタイピングを行うことが一番早くて正確です。

自己分析をしっかりする

一口にIT業界と言っても、その幅は広く特徴もそれぞれ異なります。
自分の興味がどの業界に適しているかをきちんと把握し、適切な学習や就職活動をする必要があります。

就職活動においては情報収集といかに自分を売り込めるかが重要になります。
自分がIT業界でどんなことをしたいのか、どんな経験から興味を持ったのかを明確にし、自分の体験と合わせて語れるようにしておくことが必要です。
まずは業界の分類を理解し、自分の興味がありそうな分野を深堀しましょう。

情報収集を行うにあたり、調べてもわからないことが多く壁にぶつかることもあるかと思います。
マイナビリクルートなどは就活全体に特化しており、広く浅い情報しか手に入りにくいです。
そこで、就活情報に特化した上記サイトと並行して就活情報に特化したサイトに登録しておきましょう。
情報収集には【キャリch】というサイトがおすすめです。

【キャリch】には就活対策資料が豊富にそろっており、志望動機や面接対策だけでなく、志望動機の対策もできます。
業界別の実際に通過したエントリーシートの回答ガクチカ 志望動機をまとめた資料をはじめ、 SPI自己分析書類作成、面接といった 就活に必須な質の高い情報を無料で入手可能です。



詳細な自己分析については以下の記事を参照ください。
文系からIT業界へ就職するための自己分析

ちょっとでいいから英語

最後に、余裕があれば少しでいいので英語を学習しておきましょう。
IT業界ではエンジニアも営業も英語を使う機会が多くあり、英語を扱えることは自分の価値を高めることができます。
英語がわかると仕事以外でも利用できますし、なにより言語の壁によるストレスから解放されます。

英会話に通ったり本格的に行う必要はありませんが、文法の理解と一通りの単語を読めるようになっておくことをお勧めします。
大学受験の時に利用した英単語帳を数周読むだけでも、仕事だけではない人生の豊かさが全然違います。

まとめ

ここまで説明してきた通り、文系からIT業界に入るには苦労をすることが多いです。
それなりの覚悟を持って事前の準備と、常に学習する姿勢が必要になります。
しかし、苦労を乗り越えれば楽しく仕事ができますし、とてもやりがいがあります。

また、フレッシュな目線で業界をみれるなど、文系ならではの強みというものもあります。
文系がIT業界に入るメリットについては以下の記事をご覧ください。